ライフスタイル事業部 2010年入社 香山 祐甫さん
スタッフインタビュー
ライフスタイル事業部 2010年入社 香山 祐甫さん

自分が好きなこと、
やりたいと思ったことにチャレンジできる会社です。

RCTジャパンを選んだ理由・入社のきっかけは何ですか?

前職では某ラグジュアリーブランドの販売員をしておりました。
お客様と接することは好きだったのですが、私とお客様の関係がお店の中で完結してしまうことに少し物足りなさを感じるようになり、決められた枠内での人間関係だけではなく、より広い世界で人間関係を築きたいと思い、営業職で転職活動をしていました。
またもともとファッションと海外が好きでしたので、営業、ファッション、海外という3つのキーワードで探していたところ、 たまたま求人サイトで新ブランドの立ち上げに対する求人を見つけたのが最初の出会いでした。

入社後の印象はどうですか?

前職との業務の差が大きくて最初はかなり戸惑いましたが、同僚、先輩のサポートもあり徐々に慣れていきました。
また、入社間もない私でもすぐに海外の展示会やミーティングに参加させてもらい、非常にモチベーションが上がりました。

仕事でのやりがいを教えてください。

自分が好きなこと、やりたいと思ったことにチャレンジできることです。

ミュンヘンでの展示会に出張の際に、先輩から「ノルウェーのdouchebagsというバッグブランドが面白そうだから見てきて」と言われたことがきっかけでまだブランド創設1年目のdouchebagsと出会いました。
スキーケースだけのブランドなんて売れないと思われていましたが、このブランドをやりたいという気持ちを会社はすぐに受け入れてくれて、今ではブランド取り扱いから5年目になります。

仕事上で印象に残っていることはありますか?

あまり仕事での成果を上げていませんが(笑)、やはりブランドの人たちと交流できることがいつもモチベーションになっており、毎回すごく印象深い思い出になっています。
英語がそんなにうまくないのですが、douchebagsの本社に一人で行き、日本での活動報告、要望、日本での展望を片言の英語でプレゼンしたことは僕の中ではかなり濃い、印象深い一日でした。

リフレッシュ方法や休日の過ごし方は?

寝ること、子供と遊ぶこと、ビールを飲むこと。

これからの目標は何ですか?

自分がおもしろいと思う事を周りを巻き込んで具現化する。

入社を目指す方へのメッセージをお願いします。

今、世の中の流れはかなり早く、常にアンテナを張り巡らせ、常に新しいことを気にすることが非常に大事だと思います。
「何がしたいか」を軸に自分ができることを見つけ、「その一歩を踏み出す」ことが非常に重要です。
またやはり、コミュニケーション、人との関係性が仕事をするうえでは大切になりますので、意識して取り組んでください!

皆さんのエントリーをお待ちしております!

TOP