RCTジャパンについて

求人情報


好きな仕事に出会えば、つらいとか大変だとは思わないと思う


あるときは郊外のショッピングセンターでクレームの対応、またあるときは米国のオフィスで仕様会議、そしてまたあるときはブティックの店舗でシステムの立ち上げ・・・まさに八面六臂の活躍。RCTの仕事量が多いか少ないかと聞かれれば間違いなく多いと思います。
でも今、仕事が辛いか楽しいかと聞かれれば「楽しい」と即答できます。気の合う仲間と海賊の様に国内外を飛び回り、自分の好きな商品を開発して販売する。とても充実しています。
しかし、RCTの仕事は誰にとっても楽しい仕事では無いと思います。どの仕事でも同じだと思いますが、トラブルや壁は必ず貴方の前に立ちふさがります。その時、辛い嫌だという気持ちと、チャレンジ精神のどっちが勝るかが、「自分に合った仕事」であり「職場」なのではと考えています。

仕事と趣味の差は、好きなことをするという点は似ています。でも仕事は趣味と違い、常に評価が求められ、そしてトラブルにも果敢に立ち向かわなければ行けないのです。山登りが趣味ではなく生き方と言われるのは、仕事以上に命に関わる危機感の中に身を置くからではないでしょうか?だからこそ挑戦と撤退に常に挟まれながら山の頂を目指す人達の達成感は、なしえた人しか判らない素晴らしいものなのではないかと思います。

仕事とは人生の幸せにも関わる生き方の一つ。だからこそ人選も私たちの考えを丁寧に説明させて頂き、希望と人となりを慎重に拝見させて頂いて一緒にビジネスをしていきたいと考えています。






時間を自由に使うことの贅沢


忙しい毎日だからこそ、時に自由に使える、まとまった時間が人間には必要です。
私が会社を設立した理由の一つに長期休暇が必要なライフスタイルを望んでいたということがあります。2〜3週間自由に休んで知らない場所を冒険する、子供と目一杯遊んであげる。そんな得難い体験は社員だけではなく、RCTという会社を豊かにしてくれると信じています。
RCTでは休暇を取ることは素晴らしいことです。病気で有給を使うのも勿論問題有りませんが、出来れば休暇を使って色々な体験をして頂きたいと考えています。
スケジュールをしっかり組んで、お客様とメンバーに絶対に迷惑をかけなければ、誰も文句は言いません。ようは筋が通っていればOKです。
でも人の倍休もうと思ったら、切磋琢磨は必要です。いつも自分を磨いて能力を高めて自分もチームのみんなも休めるような、余裕のある人間になることが必要だと思います。やはりそれは誰かが与えてくれるものではなく、勝ち取るのもの、自分自身で計画と努力が必要だと思います。
必要なのは遊びも仕事にも一生懸命集中できる能力と、きちんとリラックス出来る能力。要はバランスですよね。非常にこのバランスをとり続けるのは難しいと思いますが、それが出来れば実りある毎日が送れるのでは?とRCTのスタッフは毎日頑張ってあがいています。

『遊ぶ時は遊ぶ!働く時は働く!』

この考えに共感してくれれば、きっと仕事は楽しいし会社も自然と伸びます。






自分に負けない気持ち


最後にRCTで成功する秘訣をお教えすれば「己に勝つ」ということではないかと思います。

忙しい・給料が安い・文句ばっかり言って何も努力しない。そんな人にはチャンスは回ってこないような気がします。
僕もそういう時期がありました。必死に頑張ったのに結果的に負けてしまって、その後しばらくの間、戦う前から何事も諦めていた時期があったんです。そのときは、何でもうまく行かないことは人のせいにしていました。でも、それじゃいけない!まずは自分の嫌いなこと、面倒くさいことから片づけてやる、自分に負けない!実際は早起きをするとか小さいことから始めていきました。そのうちに気がついたら僕も人並みの生活が出来る様になった気がします。

RCTに転職される、皆さんが転職を機に仕事もプライベートもより充実出来るような職場になるよう、我々も努力しています。




■募集要項
 ・営業スタッフ
  (1)ピープルカウンター (2)SCサポートサービス


■募集要項
 ・ショップスタッフ ※新ブランド店オープニングスタッフ
  (接客販売、小売店への営業、販売サポート、商品管理、MD企画/実施)